毎月返済をしているのに、なかなか借金が減らない、と感じるときは、高い金利の消費者金融などからお金を借りているのかもしれません。借金の返済は、毎月利息を含んだ金額でおこなうので、金利が高いとかなり返済しているつもりでも元金があまり減っていないことがあるのです。そんな時には、金利の安い別の消費者金融や銀行カードローンへの借り換えが有効です。

金利が下がる

借り換えのメリットは、基本的には金利が下がることです。もちろん今借りているところよりも金利の低い金融機関を選ぶことが条件ですが、元金とこれまでの金利を借り換えたお金で一括返済しても、翌月からの支払い額が減ったり、同じ額の返済を続けていくと借り換え前よりも早く返済が終わることになります。

この時に注意しなければならないのは、毎月の返済が楽になるからといって、返済期間を延ばさないこと。せっかく金利が下がっても、返済期間が長くなると返済総額が借り換え前よりも高くなってしまうことがあります。金利が下がった分、元金が安くなったと思って、返済金額はそのまま頑張って返すのがコツです。

返済の手間がはぶける

消費者金融などの返済は、基本的には自動引き落としではなく自分で振り込んだり支払いに行くため、数社から借り入れがあるとそれぞれに毎月の返済をしなければなりません。その点、借り換えで一社にまとめてしまえば、毎月の返済は一度で済みますから、とても楽になりますし、振込手数料なども節約できる可能性があります。

審査が通るかが問題

メリットの多い借り換えですが、問題は審査に通るかどうかということです。銀行カードローンはそもそも消費者金融に比べると審査が厳しい傾向があるので、その点は不安に感じる人もいるでしょう。

とはいえ、これまでの借金の返済を遅延なく行っていたのであれば、そこまで心配することはありません。審査に通る可能性は十分にありますから、借り換えの申し込みをしてみるのがおすすめです。消費者金融への遅延が多く、信用情報に事故情報が掲載されている場合などは、審査に通らない可能性もあるので借り換えが出来ないこともあります。

借り換えの注意

借り換えは、あくまでも借り換えることによって支払いが楽になるなどのメリットがあるときにやるものです。消費者金融への返済が出来なくなったので、返済のためにお金を貸してくれる悪徳消費者金融から高金利でお金を借りてしまったのではどんどん苦しくなってしまいます。無理な借り換えにならないように、注意して借り換えを行いましょう。

メニュー