そもそも返済の義務はない

闇金に引っかからないように注意をする必要がありますが、それでもついうっかり借りてしまったということもあるかもしれません。この時絶対に忘れてはならないポイントがあります。それは闇金からお金を借りた場合、返済の義務は一切ない点です。

これは利息はもちろんのこと、元本も返済義務はなしです。そもそも相手は違法な営業をしているわけで、契約そのものが無効になります。しかしだからと言って闇金業者の取り立てを突っぱねても、嫌がらせがエスカレートするだけでしょう。

弁護士などの専門家に相談すること

もし闇金にお金を借りてしまって、執拗な取り立てに遭っているのであれば、弁護士に相談することです。日本各地に借金問題や闇金問題に精通した弁護士がいます。このような人に相談すれば、代理人として直接闇金業者に交渉に入ります。

闇金業者は相手が金融の素人と思っているから、いろいろなことを吹っ掛けてきます。しかし専門家の弁護士が間に入れば、むちゃな要求を出せなくなるのです。これだけでもかなりのプレッシャーを相手にかけることも可能です。通常は弁護士の入った時点で、闇金は手を引くのが一般的です。

弁護士にお願いすれば、もしいくらか闇金に返済をしている場合そのお金を取り戻せるかもしれません。また弁護士を入れても嫌がらせが止まらないようであれば、弁護士にお願いして警察に告訴状や告発状を出してもらうこともできるでしょう。

メニュー